a

【感想レポ】「ジブリ美術館」デートはどうなの?実際に行ってみました。

デート

ジブリ美術館でのデートの様子をご紹介。

デートでジブリ美術館行くか悩んでいる方は是非ご覧ください!

デートにマンネリ感があるなら「リンクコーデ」がおすすめ!

いつものデートにマンネリ感があるなら「リンクコーデ」がおすすめです。

「リンクコーデ」とは”さりげないお揃い感”を楽しむことが可能なファッションのこと。

リンクコーデはペアルックのように露骨なペア感もないため、ペアコーデに少し抵抗がある方でも安心。

自由なファッションを楽しみながら、仲良し感を演出することが出来ますよ。

いつものデートに少しマンネリ感を覚えているのであれば、ぜひ「リンクコーデ」を試してみるのが良いかと。

「リンクコーデ専門店ペアセレ」はこちらから

予約が困難なジブリ美術館

筆者の場合、だいたい一か月前くらいから予約しましたかね、、そのくらいじゃないと間に合わないみたいです。

予約はコンビニから簡単にすることが出来ましたね。

相当前から、予約しないと入手できないチケットなので、プレゼントとしても、良いかと思います。

冒頭から話がずれましたが、早速ジブリ美術館の感想をレポートしたいと思います!

他のおすすめデートスポットはこちらから

ジブリ美術館とは?

中の様子を紹介する前に、ジブリ美術館について知らない方もいると思うので、一応簡単に紹介しておきます。

ジブリ美術館は宮崎駿さん本人が発案して創立された、東京都の三鷹市にある美術館のこと。

ジブリの世界観がふんだんに表現された美術館で、ジブリ好きな方なら、絶対に行っておきたいですよね。

カップルで行くと、ジブリ映画をそのあと一緒に見たくなること、間違いなしだと思います。

オリジナルの短編映画とかも、館内でやっていたので、ファンの方なら本当にうれしいでしょうね。

「リンクコーデ専門店ペアセレ」はこちらから

中の様子は??

という感じで、中の様子を紹介していきたいんですけど、美術館の中は写真NG だったので、美術館の外から撮った写真を、いくつか紹介していきたいと思います。

切符売り場に行く前に、大きいトトロが迎えてくれます。

本物の受付は、もちろんここではないので、このトトロがペッパー君みたいに喋りだしたりはしません。

もうちょっと進んでいくと、美術館の様子を見ることが出来まして、こんな感じの可愛い見た目の建物がジブリ美術館です。

入場する前に10分くらい並んだんですけど、その道中に可愛い小物がありました。

これは「千と千尋の神隠し」の、あの建物ですよね。もし間違っていましたら、教えて下さい。笑

で、ここから中に入っていくわけなんですけど、さっきも言ったように、写真NGなので、あげることはできません。

ただ、美術館から外に出ると、写真を撮ってよいみたいなので、そちらを紹介します。

まずこちらが↓↓屋上にいるロボット兵ですね。

ちょっと写真が横に広がっちゃいましたけど、実物は、こんなにデブではないです。

これは、ジブリ美術館の名物的存在のようですね。写真撮ってる人たちがいっぱいでしたね。

お昼ご飯は、ジブリ美術館に併設されている、レストランで食べました。

ここのレストランでは、ジブリ映画の中で出てくる食べ物を再現したものを、食べることが出来るというレストランです。

味はふつうに美味しかったです。写真は撮り忘れました。笑

こんな感じで、ジブリの森美術館を楽しんできました!

もちろん、中の展示がメインなので、そちらはとても楽しかったです、、!!

原画をみることができたり、映画を作る過程を見ることができて、とても工夫して作品が作られていることがわかります!

本当に楽しめました。ジブリは好きなんですけど、そこまで詳しくない自分でも楽しむことが出来たので、とても楽しむことが出来ると思いますよ。

ついつい行き終わった後、ジブリの歌を口ずさみたくなりました。笑

「リンクコーデ専門店ペアセレ」はこちらから

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、ジブリ美術館について紹介させていただきましたが、ぜひカップルで行ってみて下さい!

あと、絶対に予約は必須なので、必ず事前予約をするようにしましょう。予約しないで行っても、絶対入れません。

他のおすすめデートスポットはこちらから

「リンクコーデ専門店ペアセレ」はこちらから

スポンサーリンク

記事を書いている人・サイトマップ

20代カップル二人で運営中。カップルに役立つ情報を隔日で更新しています。旅行や趣味、プレゼントやコラム、お金の話ま様々なことを書いているので、お気に入り登録をお待ちしています!