a

【宿泊レポ】カップルで泊まりたい!露天風呂付き客室温泉宿5選

お泊まりデート

カップルで泊まりたいおすすめの露天風呂付き客室温泉宿の写真付き宿泊レポです。

露天風呂付き客室の温泉宿をお探しのカップルはぜひご覧ください!

櫻休庵 凛 別邸

アクセスは?

こちらの宿は箱根にあるお宿なので、新宿からロマンスカーで一本で箱根湯本駅へ!

 

ロマンスカーは、ちなみに一か月前から予約が可能です。

ロマンスカーにも種類が複数あるので、人気のものはすぐに売り切れてしまいます。

ですので、お早めに予約するのがおすすめ!ネットで予約も、小田急線の切符売り場でもお買い求めいただけます!

新宿からわずか1時間半で到着!

都心からわずか1時間半でついちゃいます。

10時半くらいの電車に乗って、12時ごろには箱根湯本駅に到着。

お昼は有名なお蕎麦屋さん「はつ花」に。

 

噂にたがわぬ人気っぷりで、少し並んで入りました。人気のとろろそばを注文。

あまりそばの有名店って行ったことなかったのですがとってもおいしかったです。

強羅のお宿へ!

お宿があるのは、箱根湯本から箱根登山鉄道を乗った先の強羅駅。

少しまったり箱根湯本のお土産をみて、乗ります。

箱根の景色が見えて登っていく感じ、なかなか楽しいです。(笑)けっこう景色が綺麗でした!

 

強羅駅からタクシーをつかまえ、ようやく到着!

チェックインの15時頃につきました。

チェックイン!

お宿の様子は、とってもこじんまりしていましたが、おしゃれな雰囲気。

早速お部屋に向かうと、こじんまりとした綺麗なお部屋。

露天風呂も備え付けられています。

 

お菓子がお部屋に置いてありました!

貸切温泉風呂が2つあったので、人がたくさん来る前にと早々と温泉へ。

階段横にある札を持って行ってかけるだけでした。

広々とした温泉が貸切でとってもいい気分になりましたよ!

 

お部屋でまったりテレビなどをみているうちに期待の夕食!

夕食はお部屋食なので、本当におこもり。3回くらい(?)にわけて持ってきてくれます。

もちろん、食事もとても美味しかったですよ!

 

彼氏さんの誕生日に行ったので、夜にはサプライズでミニケーキをいただきました!

こういう細やかなところも嬉しい・・!

お布団を敷いていただいて、ゆったり寝ました!

 

そして期待の朝食!

イメージする和食の朝ごはんで、朝からお腹いっぱいになりました。

そして最後にもう一度貸切風呂に入ってチェックアウト。

 

もう1つの貸切風呂に入ったのですが、貸切風呂は2つで結構大きさが違いました笑

2つとも空いていれば見比べてみてから入ることをおすすめします!

 

こちらのお宿に滞在している間、他のお客様は1組しか見かけませんでした!

それもチェックインのタイミングのみ。

そちらも若い20代くらいのカップルだったので、やはりカップル向けのお宿なのではないでしょうか。

 

格式が高すぎるわけでもなく、完全におこもり宿で特別感が味わえる。

若いカップルにおすすめです!皆さんもぜひ予約してみてください!

 

rokuza

アクセスは?

rokuzaがあるのは、千葉県の館山。

行くには、車で行くかバスで行くかだと思うんですけど、今回はバスで。

バスは東京駅か新宿バスタから出ています。

 

行き先を直前まで秘密にしていたので、今回は以前と異なる東京駅から出発しました。

2時間弱で、ホテル近くの「枇杷倶楽部」というところに止まるのでそこから下車。

そこからは、ホテルの送迎車に乗り5分ほどで到着しました。

ホテルの内装は?

到着をするとまずウェルカムドリンクとデザートが。

この感じも懐かしい!

以前とは異なり土日に行ったので、家族連れも多い印象でした。

ひざ丈くらいのプールで遊んでいる子連れ客もいました!

ソファのある席の目の前にプールがありました。

前回来たときは誰もいなかったので鑑賞用かと思って居ました(笑)

チェックインした後に女の人は色浴衣を選ぶことができます。

私はこれを選びました!

気になるお部屋の様子は?

今回は「プレミアムツイン」!以前よりワンランクアップしました(笑)

相変わらずですが、広い!

お部屋にはセミダブルくらいのベッド2つとL字ソファがある広さ!

こんな感じ。

広いソファでテレビ見れて最高です。笑

こんな感じのリビングにしたいですね~~

冷蔵庫には飲み物がたくさん。

有料ではないので、気軽に飲むことができます。

机にはお菓子のボックスが。

心遣いがうれしいですよね~。

洗面所はこんな感じです。

必要なアメニティは基本的にそろっていました。

こだわりがそんなになければ特に必要ないかと!

バスタオルもたくさん用意されていました!

お部屋の露天風呂はこんな感じ。

広々入れます!露天風呂付き客室ってテンション上がりますよね(笑)

たしかカジュアルツイン以上の部屋になると露天風呂が部屋についていたはずです!

フロントに聞けば映画もかりれるらしいです。結構そろっていました!

洋画から邦画まで人気作がたくさんありましたよ!

 

そして、まったりして、お風呂に入り、お楽しみの夕食!

お得なキャンペーンやっていました!

 

ロクザのLINEアカウントを友達登録すると1ドリンク無料になるサービスをやっていました!

もちろん2人して登録。笑

最初の生ビールを無料にしていただきましたよ!

待望の夕ご飯!

お食事処は「六左衛門」というところ。

フロントから少し階段上ったくらいのところにあります。

入り口もおしゃれですよね~

席に着くと、その日の夕飯メニューが!!

お造りなどなど楽しみ・・!

こちら先八寸です。どれもおいしかった・・!

こちらは待望のお造り・・!

どれも新鮮でとっっってもおいしかったです。

まぐろは格別でした・・

ワサビも生わさびをいただいて、自分ですり下ろす形でした!

こちらは課金して頼んだ生牡蠣。笑

もうこれでもかってくらい大きいサイズで今まで見た中で一番でかかったです!

しかも味がめっちゃくちゃ濃い。

期間限定だと思うので、毎回あるわけではないと思いますが、

ある際にはぜひ頼むことをお勧めします。

ローストとパティです。

パティがとってもおいしくてびっくりしました。

止肴です。ドラゴンフルーツがのっていて、中々新鮮なお味でした。

デザートまでついてきます。

彼の誕生日だったので、彼のにはここにHappy Birthday 名前と入れてもらいました!

アニバーサリープランを選べば、プラスでケーキなどがでてくるはずですが、

お腹いっぱいになるだろうと思って、デザートに書いてもらうだけでお願いしておきました(笑)

 

ご飯の感想としては総じて満足度が高かったです◎

めちゃくちゃお腹いっぱいだけどぎりぎり食べれてしまうくらいの量でした・・笑

 

ちなみにご飯の残りはおにぎりにしていただくことができます!

夜食に食べれますが私はお腹いっぱいで食べれなかったです・・笑

朝ごはんも豪華!

夕ご飯のときに、希望の時間を聞かれ、お伝えしておき、

干物を候補から選びました。

たしか、アジとかいろいろあった気がしますが、

2人そろって金目鯛の干物を頼みました。

昨日もたくさん食べたのに朝から豪華・・

しかもイカの塩辛などご飯のお供が充実していました!

そしてお楽しみの金目鯛の干物!

金目鯛の干物なんて食べる機会中々ないですよね!

お豆腐をその場でつくって食べれたのも嬉しかったです!

お食事した後デザートを外でいただきました!

暑い天気でしたが、木陰でいい感じでしたよ!

お食事・お部屋共に満足度の高いお宿!

ご飯も新鮮なものばかりで美味しく、

こまごました心遣いも感じられるお宿でした・・!

1泊旅行でまったりしたいけど、箱根や熱海は結構行っているしなぁなんて人には

個人的にはおすすめです。

お宿におこもりして、心身ともにいやされてください!

ほまれの光 水月

アクセスは?

こちらのお宿は伊豆高原駅から少し離れた場所にあるお宿。

伊豆高原に向かう途中に熱海駅で途中下車をし、、海鮮ランチが有名な、「囲炉茶屋」に行きました!

ここは、熱海の海鮮料理が美味しく食べられるということで、僕はお刺身定食を注文。

他にも海鮮丼が有名みたいで、彼女はそっちを頼んでいました。

こういう海が近いところに来ると、ついつい海鮮系のランチを頼んじゃうんですけど、やっぱりおいしいですね。

東京で食べるものとはやっぱり違うなと思います。

 

おなかを満たすことが出来たので、今回の目的地である、伊豆高原駅まで、熱海から電車に乗ってのんびりと向かいました。

伊豆高原へ

そんなこんなで、伊豆高原駅へ到着!

ここで宿に電話すると、送迎の車が来てくれるみたいだったので、電話を掛けました。

待つこと5分くらいで車が来てくれて、そのまま宿へと向かいました。

 

あ、なんか駅に中庭みたいなところがあったんですけど、そこに桜が咲いていてきれいでした。

行ったのは2月の後半なんですけど、綺麗にピンク色に咲いてますよね。

その季節は河津桜っていうのが有名だったみたいです。時期が合う方はぜひ行ってみて下さい。

で、送迎の車に乗って、宿に到着しました。

宿に到着!

泊まる宿のことを簡単に紹介しますと、「ほまれの光 水月」という名前の宿で、全室8室という小規模なおこもり宿です。

全ての部屋に露天風呂がついていて、なおかつ貸し切りの露天風呂もありました。

料理も部屋食で、伊豆の美味しいご飯が味わえるようです。部屋とかご飯の写真は後で載せますね。

こんな看板が宿の入り口にありました。

あとこれめっちゃ見づらいんですけど、

「じゃらんアワード じゃらん OF THE YEAR 売れた宿部門 東海エリア 10室以下部門」

っていう賞を8年連続でとってるよっていう盾が飾られてました。とても人気な宿のようです。

 

そんな感じで、チェックイン手続きを済ませまして、お部屋に入りましたので、そちらを紹介していきたいと思います。

宿の様子は、、?

お部屋は月見草というかわいい名前の部屋でした。

 

鍵も木のキーホルダーがついていてかわいい感じでした。そしてお部屋へ入室!お部屋についている露天風呂がとても広い!

ちょっと写真分かりづらくて、木が色づいて見えるのが不思議なんですけど、お風呂は本当に広かったです。

 

4人くらい同時に入っても余裕だと思います。ただ、今は入らず、せっかくなので貸切露天風呂に向かいました。

貸切露天風呂は、さすがにお部屋の露天風呂よりも広くて、景色もかなり良かったんですけど、洗い場が寒すぎる、、、、

 

洗い場が室内にあることを想定していたので、早々と退散しました。

ということで、お部屋に戻り、部屋に付いてある露天風呂でのんびりと。

で、とても美味しいと噂の夜ご飯をこの後食べました!

夜ご飯は!

夜ご飯のメニューはこんな感じでした↓↓

メニューを見るだけで期待に胸が膨らみます。お箸もおしゃれですよね。

 

早速来たのが、前菜の立春の菜です!

僕たちが来る日からちょうど春のメニューになったようで、春っぽい盛り付けになっていました。

個人的には、卵の隣にある、ブリが美味しかったです。

リンゴに包まれていたんですけど、リンゴのさわやかな甘みと、ブリの味わいがちょうど調和していて、とても美味しかったです。

 

お次が、お椀とお造りですね。

お造りはやっぱりおいしかったです。海が近いと違うんですね、、、

 

ちょっと飛ばしまして、鰈(かれい)のポワレをいただきました。

これすごい美味しかったです。

鰈はもちろん美味しかったんですけど、上にかかっているソースが、そのおいしさを助長していました。

 

そして、最後に紹介するのが、黒毛和牛の和風仕立て。

鉄板焼きみたいなのを想像していたので、ちょっと想像とは違うものが出てきたんですけど、これも非常に美味しかったです。

肉が本当に口の中でとろけました。舌で噛めるって感じでしたね。笑

 

あとは、白米やお味噌汁、デザートをいただいたのですが、今回は誕生日でのお泊り!

ということで、ケーキとシャンパンを事前に頼んでおきました。

これがシャンパンですね。シャンパンなんて飲んだこと1,2回しかないんですけど、

なんとなくスパークリングワインよりは高級そうな味がしますよね。産地が違うだけみたいですけど。

 

ケーキがこちらですね。プレートもちゃんと書いてくれました。こちらも美味しかったです。

ということで、美味しい料理に良い温泉、素敵な宿を堪能することが出来たので、良い1日を過ごすことが出来ました。

翌日

ということで、翌朝を迎えまして、夜ご飯に引き続き、朝ご飯をいただきました。

かごに入っていてかわいい感じでした。

料理って味だけじゃなくて、食器も大事だなって思いましたね。

あ、料理が美味しくないって話じゃないですよ。めっちゃおいしかったです。

 

あと、金目鯛の干物も来たんですけど、これが本当に美味しい。朝ご飯でできる最上の贅沢だと思います。

朝ご飯をきっちり食べて、もう一回温泉に入り、チェックアウト手続きを済ませました。

で、わざわざ伊豆高原まで来て、そのまま帰るのはもったいなかったので、レッサーパンダを見ることが出来るいう、「熱川バナナワニ園」へ向かいました!

熱川バナナ園へ

ということで、伊豆高原から3駅くらいで着く、伊豆熱川駅へと向かいました。

そこから、徒歩2分くらいで、「熱川バナナワニ園」に到着。

バナナワニ園って名前なだけあって、ワニとバナナがメインで見られるようで、まずはそちらを見に行きました。

 

ワニですね。けっこういかついですね。

 

下から見える展示もありました。

 

ワニの紹介はこのくらいにしておいて、次はお楽しみのレッサーパンダを見に行きました!

可愛いですよね、、、尻尾をもふりたいですよね、、

レッサーパンダ飼えないかなってマジで思ったんですけど、条例違反になるみたいなんで飼うことが出来ないみたいです、、

 

ただ、園内に15頭くらいいるみたいなんですけど、時間的にほとんどのレッサーパンダが寝入ってました。

食事タイムを狙っていくともっとかわいい写真がいくらでも撮れると思います。

 

こんな感じで、伊豆高原を堪能することが出来ました。

1泊2日の小旅行であれば、伊豆高原でかなり楽しめることが出来ると思います。

蛍雪の宿 尚文

アクセスは?

この宿は群馬県の水上駅というところにあり、東京から1時間半くらいのところにあります。

僕たちが行ったときは、東京駅から、新幹線で高崎へ向かい、高崎から乗り換えて水上駅へと向かいました。

 

駅の様子はこんな感じ↓↓

 

駅の前はこんな感じでした↓↓

お昼は、この写真の中にもある、「くぼ田」というお蕎麦屋さんに行ってきました!

きのこのお蕎麦を食べてみましたが、マイタケがとっても大きくて美味しかったです!

いざ宿へ!

お昼も食べて、腹ごしらえも終わったので、早速、宿へ向かいました!

とはいっても、送迎バスが来るのが、15時だったので、駅前の喫茶店でしばらく時間をつぶしていました。

 

そして、送迎のバスが来たので乗り込み、とうとう宿へ到着。

宿の外観はこんな感じ↓↓

 

宿の名前は、上でも書きましたが、

「蛍雪の宿 尚文」です!

外観は、古民家風な感じで、とてもおしゃれな感じでした。

 

あと、「日本の小宿100選」に選ばれているらしく、こんなものが置いてありました。


中に入ると、スタッフの方々が迎え入れてくれて、薬草茶と、花豆をふるまってくれました。

 

そいつらを美味しく平らげつつ、お部屋へ向かいました。お部屋はとても広くて、

部屋のなかにこんな感じ↓↓で露天風呂がついてました。

 

お部屋でごろごろしたり、温泉に入ったりしていると、

お待ちかねの夜ご飯の時間になったので、食堂へ行きました。

ご飯の様子は??

夜ご飯はジビエ料理ということで、獣臭い感じを想像していたんですが、

こんな感じ↑↑で、おしゃれなものから、

 

こんな感じ↑↑で、野性味あふれるものまでいろいろとありました。

 

そして、宿に行く前から楽しみにしていた、

「山人鍋」を最後に食べ、大満足な夕食でした。

山菜や、きのこがふんだんに入っていて、とっても美味しかったです。

 

温泉もとても気持ちが良かったですが、この宿は、本当にご飯が美味しかったです。

朝ごはんもお腹いっぱい食べ、大満足で宿を後にしました。

ルグラン軽井沢

アクセスは?

場所はもちろん軽井沢にあります。新幹線で行くのが本当は良いと思います。

ただ、僕たちはお金をケチって、高速バスで向かいました。

池袋から軽井沢駅までの高速バスが出てまして、片道2600円でいくことが出来ました。

 

新幹線だと、5000円以上するので、高速バスを選ぶと、2000円以上お得になります。

もちろん新幹線の方が早いんですけどね。

ということで、軽井沢に到着したので、「ルグラン軽井沢」へと向かいました!

ホテルに到着!

ホテルの外観はこんな感じ↓↓で、

可愛い洋風の外観のホテルでした。中に入ると、ロビーも外観にマッチしていて、ルグラン軽井沢のオシャレ感を感じながら、チェックインすることが出来ました。

チェックイン手続きの際に、温かい飲み物をもらうことが出来たので、それもうれしかったですね。

 

そのままお部屋に向かいまして、お部屋の中もオシャレ感あふれていました。

お部屋は、プレミアムツインのお部屋を予約してました!

中の様子はこちら↓↓

浴槽が透けて見えるんですけど、上のブラインドみたいなものを下げると、もちろん隠せるので、安心してください。

お部屋においてある小物とかも、地味にかわいかったですね。持って帰りたいくらいです。

 

で、ここのホテルは温泉も有名でして、「美肌の湯」と名高い名湯を利用しているみたいです。

僕はあんまり実感しませんでしたが、彼女は嬉しそうにしてましたね。

 

お部屋も、温泉も堪能したところで、夜ご飯の時間が近づいてきたので、レストランへと向かいました。

夜ご飯へ

夜ご飯は、フレンチコースのコース料理ということで僕たちが今までに経験したことのない料理でした。

 

マナーとか正直なにも分からなかったです。事前にちょっと調べてはいたんですけど。笑

メニューがこちら↓↓

メニュー表もおしゃれでした。いくつか料理を紹介しますと、こちら↓↓が一口の至福との出会いですかね。

 

(思い出しながら書いてるので、メニューとまちっがてたらごめんなさい)

おしゃれですね。

味ももちろん美味しかったんですけど、料理は見た目も大事だなぁって思いました。

 

あと美味しかったのはエビのブイヤベースのやつですね。

こちら↓↓なんですけど、エビが美味しいのはもちろん、ソースがとても美味しかったですね。

他にも、お肉や、

なんかおしゃれなやつ(テリーヌ?でしたっけ)などなど、、

様々なフランス料理を味わうことが出来ました。

フランス料理ってマナーが厳しそうで敬遠してたんですけど、いざ食べてみると本当に美味しかったです。

味はもちろんのこと、見た目がめっちゃおしゃれでしたね。

 

翌日は、軽井沢アウトレットに立ち寄りつつ、東京へと帰りました。

まとめ

ということで、カップルの宿泊におすすめな露天風呂付き温泉宿を5つ紹介しました!

どれもおすすめの温泉宿なので、気になるものがあったらぜひチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

記事を書いている人・サイトマップ

20代カップル二人で運営中。カップルに役立つ情報を隔日で更新しています。旅行や趣味、プレゼントやコラム、お金の話ま様々なことを書いているので、お気に入り登録をお待ちしています!