a

【感想レポ】デートでテンキューはどうなの?実際に行ってみました

デート

後楽園の有名スポット「テンキュー」に彼女と実際にデートで行ってきました。

テンキューをデートで行こうかお悩みの方は是非ご覧ください!

テンキューとは

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)は、直径11mの大型円形高解像度シアター「シアター宙(ソラ)」や、東京大学総合研究博物館との産学連携プロジェクトである「サイエンス」など、全部で9つのコーナーで構成され、”宇宙を感動する”をコンセプトに、さまざまな仕掛けが施されています。(公式サイト引用)

という施設のことです。

要するに、宇宙を身近に感じてもらうことを目的にした、プラネタリウムじゃない施設ということですね。

2人ともプラネタリウムは割と好きな方だったので期待して行ったわけなんですが、結論から言うと期待外れでした。

なぜ期待外れだったのかは後程書いていきますが、まずは料金やアクセスなどについて書いていきますね。

アクセス

最寄駅
  • JR「水道橋駅」西口
  • 都営地下鉄三田線「水道橋駅」A2出口
  • 東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」2番出口
  • 都営地下鉄大江戸線「春日駅」6番出口

後楽園駅・春日駅より水道橋駅からの方がアクセスしやすい感じですね。

グーグルマップを見ていただけたら分かりますが、後楽園駅から向かうと東京ドームをぐるっと回って行かなきゃいけないんでちょっと遠く感じると思います。

営業時間・料金

営業時間

平日11:00~21:00
(最終入館20:00まで)
土日祝・特定日10:00~21:00
(最終入館20:00まで)
  • 年中無休(整備休館・営業変更あり)、特定日は春夏冬休み等
  • TeNQチケットカウンターでは前売券は販売しておりません。
  • TeNQでは大型映像や音響・暗転を演出効果に取り入れたコンテンツが数種類あることから、4歳未満のお子様のご入館をお断りいたします(ファミリーデーを除く)。また、10歳未満のお子様のご入館には中学生以上の同伴者が必要となります。

営業時間は意外と長めに取られていて、昼でも夜でも遊びに行くことが出来るという感じですね。

料金

当日券前売り券
一般1,800円1,600円
シニア(65歳以上)1,200円1,000円
学生(高・大・専門学生)1,500円1,300円
4歳~中学生1,200円1,000円
当日再入場券600円

料金はちょうど映画を一本分観るのと同じくらいです。

個人的には、映画を見る方が満足度は高いという感じですが、、、

一応、年間パスポートとかもあるらしいんですけど、年パスまでもってテンキューデートに行く人はいないと思います。

それでは各エリアの紹介と感想について書いていきましょう。

「テンキューデート」各エリアの紹介

入り口

入り口はこんな感じです。全体的に白と木目調のオシャレな感じが特徴的ですね。

奥の方に暗いとかが見えると思いますが、あれが入り口です。

ちなみにこの写真には写っていませんが、右にはトイレがありまして少し可愛い看板が出ていました。

宇宙服を着ている男女が表記されていましたね。話はそれますがシンガポールの水族館ではこんな看板も。

もしかしたらトイレにこういう看板を出すのが全世界的にはやっているのかもしれませんね。

テンキューは時間制になっているので、開始時間になると先ほどの暗い部分に入場するという仕組みになっているのでしばらく待ちます。

スタッフの方に呼ばれ、中に入っていくとまず初めに入るのが「始まりの部屋」というエリア。

始まりの部屋

ここでは不思議なプロジェクションマッピングを見させられます。

何を伝えたいのかちょっと難しい感じでしたが、きっと宇宙の学問の歴史はとても長いよということを伝えたいんだと思います。

どういう内容になっているかは直接確かめてみてください。

ちなみにこのエリアと次のエリア「シアター宙」は写真撮影が禁止なので公式サイトの写真を貼っておきます。

独特な映像表現で、3Dが苦手な方は酔ってしまうかもしれないので気を付けましょう。

シアター宙

上から画面を眺めるテンキューの目玉エリア。広告とかでもこれがよく出ています。

宇宙船に乗って宇宙を探索して様々な星を見て行こう!みたいな内容で内容自体は結構面白いです。

ただ、画質があら過ぎで少しびっくりしました。広告とかだと結構きれいな感じになっているので期待していたんですけど、実際に見るとかなり画質が荒いです。

せっかく面白い内容で作っているのに、ちょっともったいないなぁと思いましたね。

サイエンスエリア

宇宙に関する知識が色々と書かれていて、宇宙初心者にはけっこう勉強になり面白いエリアでした。

宇宙人は絶対にいるんだろうなぁ、、と思わせるような内容でしたね。

宇宙についてもう少し知りたくなるような感じで個人的にはこのエリアは結構好きでした。

イマジネーションエリア

このエリアは正直、面白さが分かりませんでした。子供向けの内容が多いのかなという印象ですね。

とりあえず宇宙人診断なるものがあったのでやってはみました。

こんな感じの質問に4,5個くらい答えていくと自分の診断結果が出てきました。

どうやら自分はグレイタイプのようでしたね。

こういうのはデート向きなのかもしれませんが、さすがに造りがしょぼすぎるんじゃないかという印象も、、、笑

つながる場所

良い感じの言葉がたくさん画面に出ては消えという感じのエリアです。

宇宙を学んできた方やあまり関係のなさそうな方の名言まで様々出てきます。

ベンチが併設されていたので休憩しながらのんびりと眺めることが出来るので休憩エリアとしては良いかもしれません。

またここを抜けると写真スポットがあって月に乗っている風の写真とかを取ることが出来ます。

デートの最後に写真を撮るにはうってつけのスポットかもしれませんね。

感想

こんな感じでデートを楽しむことが出来る「テンキュー」ですが、感想としては1,800円は高いかなと。

映画一本と同じ値段なので、これなら映画を見たほうが良いかもしれないなというのが個人的な印象です。

少なくともテンキュー目当てで後楽園にデートで訪れるのはもったいないかと。

後楽園にデートで来たついでにふらっとよるくらいの感じで訪れる場所としてはちょうどよいかもしれません。

まとめ

ということで、後楽園デートの定番スポットになりつつある「テンキュー」についてでした。

あまりお勧めはしない場所ですが、もし興味が出たら実際に遊びに行ってみて下さい!

スポンサーリンク

記事を書いている人・サイトマップ

20代カップル二人で運営中。カップルに役立つ情報を隔日で更新しています。旅行や趣味、プレゼントやコラム、お金の話ま様々なことを書いているので、お気に入り登録をお待ちしています!